ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )引越しのためしばらく更新控えめです('-' ).........。

映画『ひとよ(一夜)』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 我が子を思っての罪

f:id:go-yablog:20191104124317p:plain

 「家族」が中心の映画って数多くありますが、“何かしらの原因”で親子の仲が悪い作品は結構あるんです。離婚して…とか仕事で構ってあげられない…とかですれ違いになってしまうなんてのはよくありますがなんでなんでしょう?現実の私たちの人間関係も同じようなことが起きているからたくさんの作品が生まれてきたんだと思うんです。

 そんな現実との類似を見ることで自身のストレスや不安を軽減させることができるんでしょう…。私ももともと日常から離れて過ごすのがきっかけで映画にハマったのですが、趣味としてみている人は結構いると思います。

 

 って話がずれましたが家族の形は家庭によって違いますがいいばかりではなく、何かしらの問題を抱えているところもあるということです。そして今作は親が子を思うがゆえに起こってしまった事件が原因のお話。少なからずみた人に近い心境をカンゾさせるんじゃないでしょうか⁈

 

 

作品情報

 今年めちゃくちゃ仕事している白石和彌監督の最新作で、原作は劇作家桑原裕子の手がけた舞台作品。

 15年前に起きた事件によって人生が変わった家族4人が再開し、崩壊した関係を直す様を描いておりPG12指定になっている。

ひとよ (集英社文庫)

ひとよ (集英社文庫)

 

 

↓白石監督関連記事

go-ya.hatenablog.com

go-ya.hatenablog.com

 

メインキャスト<俳優名

稲村雄二役<佐藤健

f:id:go-yablog:20191110144323p:plain

<出典:公式HPより>

  稲村家の次男。家族と距離を置き、東京でうだつがあがらないフリーライターとして働く。15年ぶりに会う母を受け入れられない。 (引用元:公式HPより)

 

稲村大樹役<鈴木亮平

f:id:go-yablog:20191110144909p:plain

<出典:公式HPより>

 稲村家の長男。三兄妹で唯一自身の家族を持つ。幼少期より吃音のため、人とのコミュニケーションが苦手。 (引用元:公式HPより)

 

稲村園子役<松岡茉優

f:id:go-yablog:20191110145221p:plain

<出典:公式HPより>

 稲村家の長女。事件によって夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる。母との再会を素直に喜び、受け入れる。 (引用元:公式HPより) 

 

堂下道生役<佐々木蔵之介

f:id:go-yablog:20191110145451p:plain

<出典:公式HPより>

 稲丸タクシーの新人 ドライバー。別れた妻との間に17歳の息子を持つ。 (引用元:公式HPより)

 

稲村こはる役<田中裕子

f:id:go-yablog:20191110145652p:plain

<出典:公式HPより>

 稲村家の母。愛する我が子を守るために、暴力をふるう夫を殺めてしまう。「15年経ったら必ず戻る」という約束を果たす。 (引用元:公式HPより) 

 

あらすじ 

 「あなたたちが生まれた夜、私がどんなに嬉しかったか。」

 

 どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち三兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去ったー

 

 時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。

 抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。

 

 「これは母さんが、親父を殺してまで作ってくれた自由なんだよ。」

 

 15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。皆が願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先はー (引用元:公式HPより 


佐藤健の無精ヒゲ姿…『ひとよ』本予告

 

感想

 どんなことがあっても親は子を思い続ける!さまざまな困難はあるけど家族でなら超えていける!!

 

    内容が結構重めのヒューマンドラマは見ていると、どこかしらで自分自身とリンクさせてしまいます。片親だったり両親と訳あって離れて暮らしたりあるでしょう。

    こういう難しい内容だとどこかしこでもギスギスしがちですが、重めな分温かみが増幅しているハートフル作品になってます。

 

    白石監督の感情とかシーンの浮き沈みの波って結構激しめなんですが、見入っちゃいます笑(・∀・)しかも母親が15年間子供の近況も知らないまま過ごしてきたら、距離感とか全くわからないわけですからそのかけひきが余計に没頭できるポイントだと思います。

    子役(稲村三兄妹)もそれぞれキャラが全く違って相談したり喧嘩したりが映画自体に力を与えてて、他の共演者もいい味が出ててよかったなぁ(^-^)

 

最後に

    出演者の中で過去作をあまり見たことない人がおおかただったんですが、バランスがすごく良くて白石監督の実力凄いですねww

    今年頑張ったし来年休みでもいいんじゃないかな?(・∀・)次回作もおおいに期待しております!!

 

    ってなわけでまた次回で ´ω`)ノ