ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 彼は何を「選ぶ」のかーー

f:id:go-yablog:20211226114814j:plain

 新年あけましておめでとうございます( ^ω^ )正月太りが気になる管理人:ゴーヤでございます!

 昨年は引っ越しなどの関係で多くの作品を見ることはできませんでしたが今年はより多くの作品を見たいと思っております。

 皆さんは昨年は良い年になりましたでしょうか?私自身は環境が大きく変わりましたが特に病気にかかることもなく1年を過ごすことができました。新年は何を見ようかと考えていたら年明けて早々に大好きなスパイダーマンが公開されるではありませんか!?これは見ねば!!

 

 海外では12月に公開がされ多くのファンが熱狂していましたが公開が遅れる時に怖いのが「ネタバレ」ですよね。日本公開で見るまでの間はSNS断ちをして対策をしておりましたがようやく解禁できるので嬉しい限りです。

 では早速いってみよ〜〜〜〜٩( ᐛ )و

 

作品情報

 大人気アメコミ『MARVEL』シリーズの実写映画でシネマ用のシナリオであるMCU。今回で27作目となりトム・ホランドが主演を務める「スパイダーマンシリーズ」の3作目になる。

 

 前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で正体が公になり人生が一変してしまう。共に戦ったヒーロー「ミステリオ」に騙されてしまうがなんとか悪事を阻止する。平和に戻ったかと思ったらテレビで“スパイダーマンがミステリオを殺害した”“スパイダーマンの正体はピーター・パーカーである”と放送されてしまう。

 ミステリオの悪事は公開されずスパイダーマン1人が悪者となってしまったがドクター・ストレンジに助力を求め、スパイダーマンに関する記憶を消してもらうことになるが…。ピーターは元の“親愛なる隣人”に戻ることはできるのか?!

 

 マルチバースの影響で過去に登場したヴィランも登場するし、俳優もそのままでやってくれたのはファン熱狂間違いなしですね(゚∀゚)ウオオォォォオォオ

www.go-yablog1158.com

 作品が楽しみで見たいけどトムとゼンデイヤがマジでくっついちゃうとは思わなかったですね。以前の報道は「疑惑」でしたが今回は車内キスを取られちゃったから「確信」でしたよね。リアルでスパイダーマンカップルになっちゃうのも面白いですよね♪映画も気になるけど2人の今後も気になる!

 

メインキャスト<俳優名

ピーター・パーカー/スパイダーマン<トム・ホランド

f:id:go-yablog:20211226121750p:plain

 放射能を浴びたクモに噛まれ、クモの特殊能力を得た高校生にしてニューヨークのヒーローでありアベンジャーズのメンバー。前作にてクエンティン・ベック / ミステリオにスパイダーマンの正体はピーターと暴露され、更にミステリオ殺害の容疑をかけられる。

ミシェル・ジョーンズ(MJ)<ゼンデイヤ

f:id:go-yablog:20211226122233j:plain

 ピーターのクラスメイトであり恋人。

スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ<ベネディクト・カンバーバッチ

f:id:go-yablog:20211226123136j:plain

 元神経外科医で、マスターズ・オブ・ミスティック・アーツの魔術師。ピーターの頼みを聞きある禁断の呪文を使ってしまいマルチバースへと接続してしまう。

ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン<ウィレム・デフォー

f:id:go-yablog:20211226123748p:plain

 天才科学者であり、実験用のパワー増強剤を自ら服用し、「グリーン・ゴブリン」としての別人格が覚醒した男。デフォーはサム・ライミ監督の『スパイダーマン』三部作から続投する。

オットー・オクタビアス/ドクター・オクトパス<アルフレッド・モリーナ

f:id:go-yablog:20211226123803p:plain

 スパイダーマン2』にて公開実験中に爆発事故を起こしてアームが取り外せない体となった天才科学者の男。本作での彼は前述の映画にて川へと沈んでいったその後を描いている。

マックス・ティロン/エレクトロ<ジェイミー・フォックス

f:id:go-yablog:20211226123808p:plain

 ある事故により電力を操る力を得る男。演じたフォックスは『アメイジング・スパイダーマン2』から続投するが本作での彼は青色で描かれない。

あらすじ

全ては僕の責任だ、全員の命は救えない

 

 ピーターはスパイダーマンだという記憶を世界から消す為に、危険な呪文を唱えたドクター・ストレンジ。その結果、このユニバースに、ドック・オク、グリーン・ゴブリン、エレクトロ、サンドマン、リザードといった強敵たちを呼び寄せてしまう。マルチバースが現実のものとなってしまったのだ。

 

 彼らがこのユニバースに同時に存在することだけでも既に危険な状況に。ストレンジは、ピーター、MJ、ネッドに協力を求め、彼らを各々のユニバースに戻そうと試みるが、次々とスパイダーマンに襲いかかるヴィラン達。

 その脅威は、恋人のMJ、親友のネッド、さらにはメイ叔母さんまで。最大の危機に晒された、ピーター。このユニバースを守り、愛する人達を守る為に、彼に突きつけられる<選択>とはーー


www.youtube.com

※全引用元:Wiki等

 

感想

OMG〜〜〜〜!!(゚∀゚)こんなサプライズってアリかよ!?巻き込まれた全員が結果的に救われてこっちまで泣いちまったよ!!結局どのバースも責任がいるんだな…。

 

 

 

 

 

今作のあらすじ

 舞台は前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の続き。

 

 NYの大型スクリーンでデイリー・ビューグルのニュースでスパイダーマン=ピーター・パーカーだとバレてしまう。しかも「ミステリオが世界を救ってスパイダーマンが彼を殺害した」という内容に書き換えられており犯罪者のレッテルを貼られる。

 ニュースを見た野次馬からMJを連れ出しピーター宅へ帰るとハッピーとメイの関係が終わった直後。ハッピーは涙を浮かべ、メイはグイグイ来すぎるのが嫌だったよう…。そんな2人をリビングに座らせるとテレビに住んでいるマンションが映っている。外を見るとピーターを見に訪れた人やニュース社のヘリコプターに囲まれている。

 

 ピーターと彼の関係者は保安局に連行され事情聴取を受けることにo(`ω´ )oハクジョウシロー メイとMJは余計なことを話さないようにしていたがネッドはその軽い口で余計なことを話してしまう。

 しかし盲目の顧問弁護士マットのおかげで証拠不十分・不起訴となったが、ミステリオが操っていたドローンがスターク社製だったのでスパイダーマンとの関係性についてハッピーは捜査されるとのこと。(うぉーーー!マット出てきたww同じアースだからこそ見れるの嬉しいですね♪デアデビル見たくなってきた( ^ω^ ))

 逮捕は免れたがミステリオのことを信じている市民から自宅へ石を投げ込まれたりしたため一時的にハッピーの家へ避難することに。ハッピーはメイに個室を譲りピーターと同室で寝ることに。MJとのラブラブなTV電話も全部聴かれてしまう。

 

 夜が明けピーター、MJ、ネッドが学校へ行くと記者やスパイダーマン派、ミステリオ派でぎゅうぎゅう。校内でもスマホを向けられ気が休まらない。

 休み時間になって屋上でMJと羽を伸ばすピーター。そこへネッドが合流してお互いを慰めあう。MITに合格して新たなスタートを切ろうと手を取り合う。

 

 3人とも志望校へ願書を出し合否通知を待つ。ピーターは3校から結果がきたが今回の騒動の影響で全て“NO”。MJとネッドも全てダメだった。

 ミステリオが残したものはピーターだけでなく周りの人も不幸にしていく。なんとかできないかピーターは考え、Dr.ストレンジの力で「過去に戻って自分の正体がバレないようにしよう」と考えサンクタムへ向かう。

 

 力を貸してもらおうと頼むが『エンドゲーム』時にタイムストーンは無くなってしまったから無理だと断られてしまう。がスティーブンはウォンの言葉からヒントを得て「スパイダーマン=ピーター・パーカー」という記憶を消してしまおうと考える。

 ウォンは「危険だ!」と止めたがスティーブンに丸め込まれ「俺は関係ないからな!」と釘を刺してサンクタムを後にする。

 

 早速記憶の削除に取り掛かり呪文を唱える。だが「スパイダーマンの正体をみんなの記憶から消す」のでMJやネッド、メイも忘れてしまうことに途中で気づき、スティーブンに何回も受呪文を追加してもらう。

 呪文に集中できなくなってしまい途中で止まってしまい悪い結果になってしまう。危うく別世界と繋がってしまうところだったと怒られ、さらに大学に嘆願の電話を入れていなかったことも怒られてしまう。スティーブンはピーターが「全部の手を尽くした結果ダメで頼ってきた」と思っていたのだ。やはりまだ子供なんだな…。

 

 スティーブンから「大学へ入学不可について抗議する」ことを教えてもらい、フラッシュへ頼み込みMIT関係者の元へ。ちょうど高速の渋滞で足止めを食らっていた理事の元へ歩み寄り嘆願しているとDr.オクタビアスが襲ってきた。

 Drから名指しで挨拶されたが見覚えがない。逃げ遅れた市民を助けながら戦うがオクタビアスのアームに捕まってしまう。スピアで刺されそうになった時マスクが外れピーターの顔を見たドクターは“誰だこいつ??”と困惑。しかもピーターのナノテクのおかげでアームと同期し操れるようになる。

 

 無事MIT関係者を助け「入学不可について検討する」と約束してもらい一件落着かと思ったらグリーン・ゴブリンに襲われ万事休す!かと思ったらストレンジの力でサンクタムへ移動した。スティーブンが言うには「別次元のヴィランがこちらへ来てしまった」らしい。

 来てしまったが全員を捕まえて呪文で返せば元通りになるとのこと。でもピーターだけでは全員を探すのは難しいのでMJとネッドを呼ぶことに。

 

 ピーターは来てしまったヴィランたちを全員捕まえ元の世界を送り返すことができるのか?!

 

 と言う感じです。この先も書いて“あの台詞”まで公開したかったですがここまでにしておきましょう。トム・ホランド版ではまだ出てきていない”あれ”です( ^ω^ )

 

あんな人もこんな人も出てくるなんて!!

 マルチバースで期待するのが「誰がメインで出てくるか?」ですよね。予告の時点であったことなかったゴブリン、オクタビアス、サンドマン、エレクトロ、リザードマンがいましたがこれだけではありません。

 12月に公開された『ヴェノム』もおまけでやってきてたので「どこで出てくるんだろ?!!(゚∀゚)ワクワク」と思っている人も多いでしょう。ここからいろんな人物について書くのでm見たくない方は気をつけて!マジで予想していない人達出てくるんでw

 

 

 

 

 

 

 まず小さい?ところからいくと弁護士として出てきたマット・マードック。彼は誰かというとあの「デアデビル」だということ(上で書いちゃってますが) 

 なんで?と思った人もいるかもしれませんが彼は今作のアース199999の住人なので出てきてもおかしくはないのですがまさか出てくるとは(゚∀゚)しかも短時間だけスッと出てきたから「あれって誰だっけ?マット・マードック?どっかで聞いたことある…。えーーーーー( ゚д゚)」ってタイムラグがすごかった。そもそもNetflixのオリジナルなのにMCUと合わせたら今後が楽しみになってしまうじゃないか!!

 

 次にアームロボット「ダミー(DUM-E)」の登場!『アイアンマン3』でトニーの自宅ごと壊れてしまいラストシーンで回収されていましたが復活してハッピーの家にいたなんてww

 今までどの作品内でも出てなかったよな?と思いながら歓喜してました。あいつは他のロボットと比べれないくらい可愛いやつなんですよね。おっちょこちょいでドジするけどトニー助けたりして案外頼れたりw

 今作では目立った活躍はなかったですがレゴやってましたね。落として壊しちゃってたけど٩( ᐛ )و

 

 さぁここからメインですが、皆さんは予告(ピーターvsエレクトロ、リザードマン、サンドマン)を見た時にこう思ったんじゃないでしょうか?スパイダーマンの部が悪すぎじゃね?って。いろんなバースから来たヴィランが結託するならスパイダーマンサイドもそれがあると言うこと。

 

 実はネッドがスティーブンのリングを使ってピーターの元へゲートを開けます。(これだけでもビックリ!)開いたゲートの奥にスパイダーマンが。近づいてくるけどなんか背が高い?ような。

 マスクを外すと『アメイジング・スパイダーマン』のアンドリュー・ガーフィールドが!!場内のみんなで「ワォーーーーー!」。思わず声出ちゃったよ。ゲートを開く時に“ピーター”のところへ行くよう念じたのにまさか“別のピーター”が来ちゃうなんて!

 そして再度ゲートを開けると今度はトビー・マグワイヤ登場!しかもスパイダーマンのスーツじゃなくて私服w そこスーツで登場じゃないのかよ٩(゚∀゚)オイッ!w

 

 なんてサプライスなんだ!ヴィランの俳優もそのままで出演しているのが予告の時点でわかってテンション爆アゲだったのにさらに上がったよ!やってくれるゼo(`ω´ )o

 特に面白いのがネッドが「ピーター!」って呼ぶと3人とも反応してしまうところ。ネッドが「ピーター・パーカー」って呼び方を変えるけどそれじゃ無理だよね。だって全員「ピーター・パーカー」なんだもんww

 トムがスティーブンに他のピーターを紹介するときも「こっちがピーター・パーカーでこっちがピーター・パーカー、そしてスパイダーマンでスパイダーマン」って言ってるのは面白かったですw字幕では「ピーター・パーカー×2、スパイダーマン×2」って訳されてたけど英語の原文を聞いているとより面白い( ^ω^ )

 

 あとトビーへのイジリね。スパイダーマンの中で唯一糸を体内で作れるから他の2人が興味津々。「どうやって体の中で作られているんだ」と言われるけどトビーにもよくわかんない。「息をするみたいに自然と」って答えてて笑えました。そしてそれぞれのMJについて話すのもグッと来ました。

 

 ちょっと路線はずれますが、トム・ホランドの世界線で出てきていなかった『大いなる力には大いなる責任が伴う』と言う言葉。まさかメイが亡くなってしまう時にその言葉が出てくるなんて…。ふつうに泣いちゃいました( ;∀;)

 

最後に

 実は予告を見た時点でゼンデイヤ死ぬんじゃね?って思っていたんです。落下してピーターが手を伸ばすシーンが『アメイジング・スパイダーマン』のあのシーンそのもの!“選択”の結果がそんな悲劇を起こすのかな?と構えていました。

 

 しかしこんな落とし所だったとは思わなかった!トム・ホランドが手を伸ばして掴もうとしますがゴブリンに捕まって阻止されてしまいます。「うわぁあ、ダメだ」と思ったらアンドリューが出てきてギリギリ間に合ったんです。

 彼はMJを助けることができなくてずっと後悔していたけど今回は助けることができた。思わずアンドリューが涙を流します。こんなのファンからしたら泣いちゃうだろぉ(T ^ T) 

 

 これ以外にも泣くところは多々ありましたがここが一番泣けた。MJの死を予想してたから余計に泣けた。

 

 そして最後にヴェノムです。何してたのかな?と思ったらバーカウンターでアベンジャーズの話を聞いてたらもう元の世界に帰る時間に…。

 いやなんもしてないんかーーーい( ゚д゚) ヴェノムのおまけで「絶対に何かありますよ」感出しといてこんなあっさり帰っちゃうんだww って思ったらテーブルに黒い物体が…。Bluetoothイヤホンか?うわっ、動いた!(°▽°)

 

 ピーター(199999)の成長も見れたけど責任が大きすぎないか?と思っちゃいました。彼に幸あれ(`・ω・´)b

 

 ってなわけでまた次回で ´ω`)ノ

 評価 ☆☆☆☆☆5/5