ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 怪獣界の絶対王者

f:id:go-yablog:20190429134101j:plain

 ゴジラがハリウッドに戻ってきた!ハリウッドがゴジラやるのかよって思ってたらもう第3作目。第1作から見てきましたがモンスターバースを知らなかったもんで今回初めて知りましたww

 出演者の渡辺謙さん名探偵ピカチュウで見たばっかりなんですけどすごい活躍ぶりですよね!!昔ニュースで海外に行く発表を見て大丈夫かな…とかどこから目線なこと思ってましたがすごい引っ張りだこでびっくり!!

 

 日本国外映画初出演の『ラストサムライ』(2003)でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、サターン賞にノミネートされメディア、映画業界からの注目がすごかったことがわかります。

 2020年には制作中の続編が出るようでこれからどんどん熱くなる作品の一つだと思います。

 

MONSTERS<モンスター

GODZILLA<ゴジラ>

f:id:go-yablog:20190530025413p:plain

<出典:公式HPより>

 2億7000万年前の地上が天然の放射能で満ちた地球で生態系の頂点に君臨していた種族の末裔。体の鱗は頑丈でミサイル、核兵器にも耐える。

 首元にはエラがあり体内には原子炉のような器官で生み出したエネルギーを青白い熱線に変え発射する。

 

GHIDORAH<キングギドラ>

f:id:go-yablog:20190530025457p:plain

<出典:公式HPより>

 3つの頭に2本の尾を持ち、全身を覆う黄金の鱗、腕の代わりに巨大な翼を持つ。口から稲妻のような光線を吐く。

 ゴジラの適役で交戦回数が最も多い怪獣。

 

MOTHRA<モスラ>

f:id:go-yablog:20190530025530p:plain

<出典:公式HPより>

 翼開長100メートルの巨大な蛾の怪獣。鱗粉を出して相手を混乱させる技を得意としているが、鱗粉を失うと飛行能力がなくなる(死亡)という設定がある。

 初期作ではゴジラを上回る巨体で、平成のシリーズでは一度敗れ新しく生まれ変わり(対抗)再戦し倒すという演出が多く見られた。

 

RODAN<ラドン>

f:id:go-yablog:20190530025601p:plain

<出典:公式HPより>

 プテラノドンが突然変異した怪獣。腹部にはゴツゴツした鱗があり、超音速で飛ぶ巨体は周囲にソニックブームを巻き起こし市街を破壊してしまう。

 また過去作でゴジラの熱線を受けてファイヤーラドンと化し、熱線を吐く能力を身につけた。

 

INTRODUCTION<イントロダクション>

  1954年に日本で“誕生”し、これまでに30作以上が製作され、シリーズ累計動員数が日本国内だけで1億人を突破している国民的アイコン「ゴジラ」。

 日本が世界に誇る唯一無二のキャラクターであるゴジラが、今年、生誕65周年を迎える。

 

 2014年に10年ぶりとなる“復活”を遂げたハリウッド版『GODILLA ゴジラ』は、全世界でオープニング成績1位を樹立し、日本国内興収32億、全世界興収530億という大ヒットを記録。

 そして2016年に、日本が製作する全く新しいゴジラとして“再生”させた『シン・ゴジラ』は、全世界100カ国以上で上映され、国内興収82.5億というシリーズ最高の金字塔を打ち立て、社会現象を巻き起こした。

 

 日本発、ハリウッド製作の世界最大級の超大作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が、再び全世界を蹂躙するーー。

 

 人智を超えた圧倒的な脅威との対峙。彼らが現れた時、我々はどう立ち向かうのかーー。 (引用元:公式HPより)

youtu.be

 

感想

 最初から最後まで怪獣がパワー全開!ハリウッドが大暴れの映像をセンスと技術で“真の怪獣映画”にもってきた!!

 

 いやぁ〜〜…出してきたなハリウッド。出し惜しみなく出し切ってきました( ´ ▽ ` )前回は出し惜しみというか間接的な描写があったりして見た人の中には物足りない方がいたかと思いますが今回は満足できるでしょう!!

 前作見てない人でも問題なく見れると思います。今後のゴジラ・ユニバースも楽しくなるだろうしダイナミックな魅力があるのでかっこいいよりも美しさとか綺麗さで迫力が増し増し。

 

 あと忘れてはいけないのがゴジラの設定。地球最強の末裔ってことを頭の隅に置きながら見ると見え方が変わると思います。このあと書きますがその設定の影響もあってかアメリカでの評価は結構割れてますね…

 まぁ日本人の私にはあまり影響なく鑑賞できるので大丈夫ですが。

 

ハリウッドが日本ように寄せすぎた…⁈

 まずはさっき書いたゴジラの設定で映画全体の宗教的要素が強いことです。ゴジラ=神みたいな存在といった描かれ方が多数あり、キリシタンの反感を買ったと思います。

 ギドラ=ゴジラを超えるような存在と受け取れるシーンがあるのでキリストを超える=ギドラのせいでアメリカでは割れてるんでしょう。日本でそういった評価が少ないのは宗教の違いからですが、製作過程でハリウッド側は疑問をもたなかったのでしょうか…?

 

最後に

 いろいろ書きましたが私たちに関係があまりないので気にしなくて大丈夫ですww今作はゴジラ映画の中でも映像美がすごく作品への愛がこれ以上になく感じれるのではないかと。宗教関連はかなりの挑戦だったのではないかな…

 あと今後の作品に期待ですが、今作でハードル上げすぎたんじゃないのかな?ただ今回は120点あげちゃいます!!

 

 ってことでまた次回´ω`)ノ