ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )

映画『ぐらんぶる』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 普通じゃない破茶滅茶キャンパスライフ!!

f:id:go-yablog:20200802132944j:plain

 誰もが一度は憧れ夢見る大学生活。小・中・高の学校生活を送る中で”大学生活”というものは全く別の世界のイメージが強く華々しいものを思い浮かべる事でしょう。まぁイメージは人それぞれで違いますがそのせいで羽目を外しすぎてしまう人や黒歴史を生んでしまう人もいると思いますww( ̄▽ ̄)そんな日本の大学生活をもとにした”あの問題作”が実写化してしまうだなんて……。

 

 皆さんは原作コミックを読んだ事ありますか?私は読んだことあるんですが青年漫画だけあって「そういう内容」ですよねwwこの手のギャグ漫画は好きなんですけどこれをアニメ化までならまだしも実写映画化なんて考えてもみなかった!

 年齢制限もPG-12なんですけどほんとにそれで大丈夫?って思ってますw 15まで制限かけた方がいいんじゃないとかキャストにあのシーンやらせるんかとか気になるところてんこ盛りすぎてもうお腹いっぱい気味なんですがみていきましょ〜〜。

 

 

作品情報

 2014年から青年漫画誌「good!アフタヌーン」(講談社)で連載をしているスキューバダイビングを題材にした作品。スキューバだけでなく主人公たちの大学生活も描かれておりサークル内で開催される飲み会が印象的。2018年にはアニメ化され原作コミックは累計発行部数500万部を突破している。

 今回監督を務めるのは「ヒロイン失格」(15)、「あさひなぐ」(17)、「映画 賭ケグルイ」(19)の英勉(はなぶさつとむ)。映画化発表時には「無理だろ!」と言われた作品はどのような完成になったのか目が離せない!!

ぐらんぶる(1) (アフタヌーンコミックス)

ぐらんぶる(1) (アフタヌーンコミックス)

 

 キャスト<役名

竜星涼<北原伊織

f:id:go-yablog:20200802141727j:plain

犬飼貴丈<今村耕平

f:id:go-yablog:20200802141801j:plain

  今作のメインになる2人です。両者ともに多くの作品に出演していますし実力もあるでしょう。お下品キャラの出演によって株が下がるどころか女性ファンが増えそうな予感さえしていますが、原作者の井上先生はごめんなさいっていっていますねww俳優陣だけじゃなくて全国の大学に謝った方がいいんじゃ?でもキャンパスライフってこんなもんだし大丈夫か!( ^ω^ )

 予告からかなり体張ったのが感じ取れました。どの程度まで監督はさせたのか、全裸の時点で出し尽くしてる感はありますけどねww

そのほかの出演者

与田祐希<古手川千紗> アイドルグループ乃木坂46のメンバー。

小倉優香<浜岡梓> 「チア☆ダン」(18)、「全身刑事」(20)などに出演

石川恋<吉原愛菜> 「SCOOP!」(16)、「マスカレード・ホテル」(19)などに出演

高嶋政宏<古手川登志夫> 「マスカレード・ホテル」(19)、「キングダム」(19)などに出演

朝比奈彩<古手川奈々華> 「チア☆ダン」(18)、「警視庁捜査一課長2020」(20)などに出演

 

あらすじ

 青い海、聞こえてくる潮騒、照り付ける陽射しーー国内でも珍しい離島にある大学に入った伊織の目標はただひとつ。それは気のあう友人や可愛い子と<キラキラな大学生活>を送ること。

 なのにーー「何かおかしい」最初に異変を感じたのはオリエンテーションの朝。伊織はなぜか服も記憶もなく大学の講堂の前で目覚めてしまう。やがて同じ境遇に陥った無駄にイケメンなアニメオタク・耕平と出会い、共にある場所にたどり着く。

 そこは常識が通用しない”無法地帯”、超ぶっ飛んだダイビングサークルだった!狂暴なクーデレいとこ、どシスコンのお姉さま、エロい先輩、はたまた激ケバギャルも!? (引用元:公式HPより)


映画『ぐらんぶる』夏の欲望オールイン動画 2020年8月7日(金)公開

感想

 これが日本のキャンパスライフ!?原作のように顔はいいのにめちゃくちゃやってる作品に仕上がっていたが好き嫌いは分かれる??

 原作が出ているとどうしてもそっちと比較をしてしまうもの。特に原作がコミックの作品は現実でできないようなことを書かれることが多いのでそのあたたりをどうしているかとか比較するところが多い!

 で結論から言うとこんなキャンパスライフをおくりたいかと言えば嫌だけど案外羨ましいところがある。原作の面白さも映画で見せれる限界で頑張っていました( ^ω^ )おバカ要素ばかりではなくときに魅せる青春要素があったりしますが、伊織と耕平のライバルであり親友である過程がおさめきれていなくてもったいないかな。

 

 映画の時間が100分少ししかないので出し切るのは難しいでしょうが説明のナレーションとかがあればまだ良かったかな。漫画読んでる人は入りやすいけどそっち需要によっていたのかなと。総合的にはきれいにまとめてあるんですけどね!

 

最後に

 期待していた通りの出来でしたね。今回の見所は上に書いていなかったですが与田祐希ではなかったでしょうかね!俳優のキャスティングも良かったと思いますし、見ていて普通に面白かったし楽しめる作品でしたね。

 ただ英監督の作品って好き嫌いが分かれる癖ありなものなので嫌だなと思う人も結構出てくるかもです。予告で判断してとは言えないですが福田雄一作品が好きな人は楽しめます!!このご時世ですがぜひ見ていただきたい

 

 ってなわけでまた次回で