ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )

映画『エターナルズ』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 多くのファンが知らないMARVEL

f:id:go-yablog:20211030124124j:plain

 

 みなさんご無沙汰しております!当ブログ管理人のゴーヤです(`・ω・´)最近かなり寒くなってきて体調を崩しやすい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか?

 今年に入ってから仕事の関係でなかなか記事を上げることができず、映画もいつもより見れる本数が減ってしまい参っております( ᐛ )アハー 本当は10月のG.I.ジョーとかCUBEとか見たい作品はあったのですが残念ながら見られず…。今年公開される残り少ない作品達の中から見たいやつをできるだけ見て年を越したいと思っております。

 

 そんな私のことはさておき今年公開されるMARVEL作品の中でマイナーなものが上がってきました。それが『エターナルズ』。MCUシリーズは数多くのファンがいるシリーズの一つですが「MARVELを知ったのが映画から」という人が大多数かと思います。

 

 原作コミックも読んでいる人は知っているけどMCUしか見たことない人からすると「なんだこれ?!」なヒーロー達ですが、実は彼らの方がアベンジャーズよりも大先輩!ファーストアベンジャーズであるキャプテン・アメリカが生まれたのが1941年ですが、エターナルズは7000年以上前から人類を見守ってきました。

 でもアベンジャーズが生まれてからサノスが指パッチンするまで全く表に出てこなかったですよね。そりゃ知らない人が多いのも仕方ない。

 ではなぜ彼らは表に出てこずに今になって出てきたのか?そもそも何者なのか?を紐解きながら感想書いていきたいと思います!!行ってみよ〜〜〜〜( ^ω^ )

作品情報

原作コミック

f:id:go-yablog:20211030130437j:plain

 エターナルズが誕生したのは1976年に刊行されたこのコミック↑

 書いたのは『キャプテン・アメリカ』、『ファンタスティック・フォー』、『マイティ・ソー』、『アイアンマン』などあげたらキリが無い数を手がけたジャック・カービィ氏。この人はアメコミ界では欠かせない人なんですがいざこざがあってDCに行ってしまったんだとか…。

 DCに移籍後も作品を描き続けて漫画界のアカデミー賞「アイズナー賞」に名を連ねました。今はもう亡くなってしまいましたが今でも知られているキャラクター達を誕生させたすごい人なんです!!

 そんなアメコミ界のレジェンドが描いたキャラクターが一体どんな奴らなのか?見ていきましょう٩( 'ω' )و

エターナルズ

エターナルズ

Amazon

 

エターナルズとは?

 そもそもエターナルズのキャラクター達はどんなスーパーパワーを持っていてどんな人物?なのか。実は彼らの見た目は私たち人類と変わりがありませんが驚異的な力とモノを浮かせたり念力使えたり物体の形自体を変えてしまうこともできます。これだけ聞くと「今までのヒーロー達と何も変わんないじゃん( ゚д゚)」と思ってしまいますよね。

 でも中身(コミック内設定)を見ていって普通のヒーロー達との違いを知るとかなり面白くなります!

 

 そもそも彼らは実態のない精神体です。明確な実体は持っていないので人間の姿に化けているが正しいです。なのでコミック中では戦う時に破壊できない鎧を着た600mの身長で登場したりします。通常は人間の姿で登場します。

 

 そして『エターナルズを語る前に知っておくべきこと』があります。それは彼らの生まれについてです。まず彼らは『セレスティアルズ』と呼ばれる種族なんです。

 セレスティアルズというのは「宇宙の法則」を変えてしまう力を持っている種族でざっくりいうと『宇宙の神』みたいな存在です。今はこのくらい簡単な解釈で大丈夫です!!!

 

 じゃあ「宇宙の神がどうやってMCUにつながってくるのか」についてです。

 

MCUとの繋がり…

 MCUの映画作品を全部見た人はあれかな?っやつを見てます!覚えていますか?多分覚えてはいないと思います。そのシーンがこちら↓

f:id:go-yablog:20211030133659j:plain

 これは「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」に出てきたパワーストーン(紫の石)の解説時の出た巨人です。というか絶対これというわけではなくコミックで書かれている設定が当てはまっているからこれじゃね?と私は思っています。いろんな記事見る限りではこれであってるみたい(゚∀゚)同作中のノーウェアって星はセレスティアルズの頭蓋なんですね〜〜。(確かに髑髏の形してる)

 

 ではセレスティアルズは宇宙で何をしていたのか?彼らは宇宙を駆け巡り生き物がいる星で「遺伝子実験」を行います。存在が“宇宙の神”なので生命の選定をします。これは100万年周期で経過観察をしていて「その惑星が有望な結果を残せば“存続”、ダメなら“滅ぼす”」ということをやっていました。

 今書いて気がついた方もいつかも知れませんがこの経過観察されている惑星に我らが『地球』が入っています。その遺伝子実験で生まれたのが『ヒューマン(人類)』『エターナルズ』『デヴィアンズ』などの種族。

 聞いたことある種族はわかりますが『デヴィアンズ』は聞いたことないですよね。簡単にいうとエターナルズみたいな力はないけどヒューマンより強い好戦的なミュータントです。伝説の都市:アトランティスが滅んだのもデヴィアンズがふっかけた戦争がきっかけだったり、ノアの箱舟で人類や動物を手助けしたのが『エターナルズ』だったりします(コミック内で)。

 

 とここまでエターナルズの生まれについて書いていきました。次はエターナルズのメンバーについて見ていきましょう。

 

エターナルズのその後

 実験で生まれた「エターナルズ」。彼らはどんな出来事を経て現代まで生きてきたのか。実は彼らの中で派閥が生まれていて2分化しています。

 その1つは“クロノス派”。クロノス派は与えられた力で平和を守ることを目的としています。ローマ神話のクロノスと同じ名前ですね。

 もう1つは“ウラノス派”。ウラノス派は他の種族を力で支配すべきだと考えています。(クロノスとウラノスは兄弟)

 

 この2派は考え方の違いで争いになりクロノス派が勝利を収め、ウラノス派は地球を飛び出して天王星へ逃げます。その後もう1度クロノス派と戦うために地球へ向かっていたところクリー星人に襲われてしまい土星の衛星の一つである惑星「タイタン」へ流れつきます。

 あれ?何処かで聞いたことのあるワードが出てきましたね。このあと繋がりが出てきます( ^ω^ )

 

 その頃地球ではリーダーだったクロノスが諸事情でリーダーの座から降ります。その後継人はクロノスの息子である『ズラス(兄)』と『アラース(弟)』。正式なリーダーは話し合った結果ズラスが務めることに。人類からはローマ神のゼウスとかと間違えられたり。

 でも父:クロノスと叔父:ウラノスみたいに戦争の火種が生まれるかも?!と思った弟のアラースは兄の元を離れ惑星:タイタンへ向かいます。(なんて巡り合わせなんだ(°▽°))

 しかしタイタンではウラノス派内で内乱が起こり壊滅、アラースは生き残った女性と共にタイタンを再建することを目的に生活を送ります。やがて2人の間には2人の子供が生まれました。その名は「エロス」と「サノス」!!

f:id:go-yablog:20211030144114j:plain

 

 ええぇぇぇぇぇぇぇぇえぇぇえーーーーーーーーー!!( ゚д゚)息子の名前がエロス?!

 

 そっちじゃない!!察しのいい人は惑星:タイタンが出てきたときに気づいたでしょう。そうです!『アベンジャーズ』の作中で出てきたサノスの故郷のことです。

 ということは……。サノスの両親がエターナルズなのでサノスもエターナルズということですね!!そりゃアベンジャーズが束になっても勝てなくって指パッチンに頼るわけですよ。なんて爆弾を投下してきてんだよww私的にはめちゃくちゃ興奮するところです( ✌︎'ω')✌︎

 

 と長々と説明しましたが最終的にまとめるとこんな感じ↓

  1. めっちゃ強い力を持ってる種族:セレスティアルズが生命の選定をしていた。(身長めちゃくちゃデカい!)
  2. いろんな星で遺伝子実験をしていてその中に『地球』もある。
  3. 地球では『ヒューマン』『エターナルズ』『デヴィアンズ』が生まれる。
  4. 派閥争いの末、最終的に地球と惑星タイタンにわかれる。
  5. タイタン側で生まれたのがサノス(エターナルズ)。故郷再建のために指パッチンしたくなる。

 

 ということでした。今作の内容はエターナルズvsデヴィアンズみたいですがその2種族が誕生した歴史のお話でした。結構難しい内容ではありますがわかるとMARVELによりハマってしまいます!!もう抜け出せないですね!!!

 

 

f:id:go-yablog:20211030145307j:plain

 今作で監督を務めるのはクロエ・ジャオ氏。手がけた作品は正直知らないものばかりなんですが、アジア人初のゴールデングローブ賞受賞者とのことで海外でしっかり評価されている方です。

 キャリア自体2008年の短編映画からスタートしているようで長編デビューは2015年。長編映画は新参かもしれないですがどんな作品になるのでしょうか(*^▽^*)

 

キャラクター<俳優名

セルシ<ジェンマ・チャン

f:id:go-yablog:20211030150516p:plain

能力:物質の自由自在な変換

 強烈な個性を持つ《エターナルズ》をまとめあげる中心メンバー。かつて《ディヴィアンツ》と戦い人類を守ったあとも、人類に対して深い愛情を抱いており、現在は博物館の学芸員として働きながら、人間と地球を見守り続けている。

 現在はチームのメンバーでもあるスプライトと共にロンドンで暮らし、人間の男性デインと交際中だが、かつては同じチームのメンバーであるイカリスと恋人関係にあり、数世紀に渡って彼のことを愛し続けている。感情を持たない物質であれば、何でもあっても触れるだけでその組成を変更させ、物質を別のものに変換させることができる能力を持つ。エイジャックの司令を受けて、《エターナルズ》を再集結させるため、世界中に散らばったメンバーを探す旅に出る。

イカリス<リチャード・マッデン

f:id:go-yablog:20211030150730p:plain

能力:高速飛行・目から放つレーザービーム

 《エターナルズ》最強の戦士。高潔でカリスマ性のあるイカリスは、チームの先頭を走る存在で責任感も強いが、任務に対する想いの強さから、仲間と衝突することもある異端の存在でもある。

 空を自由に飛行する能力を持ち、目から強烈なビームを放つことができる。かつて、セルシとは恋人同士だったがある事情から別れて暮らすようになった。しかし、人類に危機が迫り、エイジャックからの司令を受け、セルシ、スプライトと共に《エターナルズ》を再集結させるために行動する。

セナ<アンジェリーナ・ジョリー

f:id:go-yablog:20211030150857p:plain

能力:思い描いた武器の具現

 《エターナルズ》の中で最も危険な女戦士。誰よりも戦うことを愛し、熾烈な戦場のほうが平穏な場所よりも心が落ち着くと語る。テレパシー能力や、自分の頭に浮かんだどんな武器であっても、コズミック・エネルギーを駆使して生み出すことのできる能力を持つ。

 再び訪れた人類の危機にも冷淡な態度を見せるが、やがてチームに合流していく。不愛想で他者に心を開かないがギルガメッシュだけに心を許し、何世紀にも渡って友情を築いてる。

※エターナルズリーダー:ズラスの娘(サノスのいとこ)

ギルガメッシュ<ドン・リー

f:id:go-yablog:20211030151238p:plain

能力:拳のパワー強化

 《エターナルズ》の中で最も力が強く、コズミック・エネルギーを拳にまとって強化し戦い、強力な戦士として知られる巨漢。かつての《ディヴィアンツ》との戦いでは死闘を繰り広げ、その圧倒的な強さはいまも伝説として語り継がれている。

 その一方、チームの中で最も心優しい人物として知られており、人間たちにも親切で優しく、《エターナルズ》の良心的な存在でもある。

エイジャック<サルマ・ハエック

f:id:go-yablog:20211030151438p:plain

能力:あらゆる生命のヒーリング

 人類の脅威《ディヴィアンツ》から守るために、《エターナルズ》を集め、太古の時代から現代まで常に地球と人類を見守り、彼らが無事に暮らせるように活動してきた。

 チームの精神的な支柱として存在するだけでなく、実際に彼らを導き、再び人類に危機が迫ったことから、セルシ、イカリス、スプライトにチームの再集結を命じる。驚異的なパワーの持ち主で、エターナルズと人間のどちらも癒すことができる能力を備えている。

ファストス<ブライアン・タイリー・ヘイリー

f:id:go-yablog:20211030151609p:plain

能力:驚異的な科学技術

 《エターナルズ》の“頭脳”を担う知性派メンバー。チームが置かれている状況、戦いの行方を冷静に分析する能力を持つ。また、発明の才能にも恵まれていて、自由に使用できる素材があれば、想像するものは武器であれ、道具であれ、何でも作り出すことができる。

 彼は自身の発明の才能を用いて、数千年に渡って、人類のテクノロジーや技術の進化や発展をそっと後押ししてきた。平穏な暮らしを望んでいるが、すべてが消滅する危機が迫っていることから、再びチームに戻ることになる。

スプライト<リアー・マクヒュー

f:id:go-yablog:20211030151733p:plain

能力:変身と幻影の発動

 まるで本物に見える幻影を生み出し、自分の姿を自由自在に変化させることのできる能力をもつ。12歳の少女のような見た目から数千年に渡って人間たちから“子ども扱い”されており、そのことで孤独や疎外感を感じているが、実はそのパワーは強大で、《エターナルズ》の中でも一、二を争う明晰な頭脳の持ち主。

 エイジャックから司令を受けて、セルシ、イカリスと共に世界各地に散らばって暮らしている《エターナルズ》を見つけ出す旅に出る。

キンゴ<クメイル・ナンジアニ

f:id:go-yablog:20211030151921p:plain

能力:指先から放つレーザービーム

 チームで最も陽気な性格を持つメンバー。地球で人間たちに紛れ、人知れず暮らすことを求められているが、何世紀にも渡って目立ちたい、有名になりたいという願いを抱き続けており、現在はインド映画界“ボリウッド”で大スターとして活躍中。

 ファンから愛され、富と名声を得た現在の生活に満足しているが、再び《ディヴィアンツ》の脅威が迫ってきたため、“スターとしての暮らし”を捨てて、再び《エターナルズ》に参加する。手からコズミック・エネルギーを発射する能力を持つ。

マッカリ<ローレン・リドルフ

f:id:go-yablog:20211030152134p:plain

能力:神速の脚力

 《エターナルズ》の中でだけでなく全宇宙の中で最も速いスピードで移動できるメンバー。驚異的な速度で移動できる彼女は、宇宙のありとあらゆる空間を移動して調査を続け、地球も隅々まで調べ尽くしたが、《ディヴィアンツ》との戦いの後、地球にとどまることになり、古代都市バビロンの宇宙船に潜みながら、他の惑星をさらに探査したいという夢を抱き続けている。彼女の持つあまりにも豊富な知識は、《エターナルズ》が再び地球の危機に立ち向かうための大きな武器となる。

ドルイグ<バリー・コーガン

f:id:go-yablog:20211030152436p:plain

能力:マインドコントロール

《エターナルズ》のメンバーでありながら、人里離れたアマゾンで暮らし、チームの一匹狼として独自に行動する男。かつて彼は《ディヴィアンツ》との戦いに身を投じるも、自分たちと人類との関わり方、その関係性に大きな疑問を抱いており、数千年に渡って他のメンバーとの交流を避けてきた。コズミック・エネルギーを使って、人の心をコントロールする能力を持っている。《エターナルズ》ではあるが、その関係は現在のところ途絶しており、再び訪れた危機を前に彼が人類の“味方”になるのか、依然として不明だ。

あらすじ

 地球に新たな脅威が迫るとき、7000年にわたり人智を超えた力で人類を密かに見守ってきた、10人の守護者がついに姿を現す。彼らの名は、エターナルズ。

 だが、地球滅亡まで残された時間はたった7日。タイムリミットが迫る中、彼らは離れ離れになった仲間たちと再び結集し、人類を守ることができるのか?そして、彼らを待ち受ける〈衝撃の事実〉とは…アベンジャーズに次ぐ、新たなヒーローチームの戦いが始まる!


www.youtube.com

※引用元:YouTube、他より

 

感想

今まで出てこなかった彼らをよくここまで説明できる作品にしてくれた!人数多いから長くなっちゃったけど楽しめた٩( ᐛ )و次回作が楽しみです。

 

 

 

 

 

初の劇場版エターナルズ

 私は作品を見る前から不安だったんです。コミックでは一人一人に設定がかなり書かれていたけど映画1本でどこまで伝えられるのかな?って。キャラクター多いし能力とか過去にどんなことがあったかとかあるからどのあたりまで映画に入れてきてMCUにするのか?!ざっくり内容を振り返っていきます!!

 

 

ざっくりあらすじ

 時は紀元前7000年、セレスティアルズ・アリシェムからの命令で「地球の人間を襲うディヴィアンズを倒す」任務に向かいます。地球上にいるディヴィアンズを全滅させるために人間と共に生活し必要最低限の接触だけをしてきました。(関わりすぎると人間の歴史を変えてしまうかもしれないから)

 物作り(発明)の能力に優れていたファストスは文明発展のために新しい道具を発明しては人間に伝えてきました。しかし時代の進化とともに人間同士の争いが加速してしまい、ディヴィアンズが全滅した後散り散りになり人間に紛れて生活することに。(1521年に離散し約5世紀の間人間のふりをしていました)

 

 セルシはスプライトと暮らしながらロンドンで学校の教師をしてスマホにハマりながら生活していました。授業が終わり恋人のデインとクラブでお酒を飲み楽しく過ごした日の帰り道、全滅させたはずのディヴィアンズが襲ってきた!

 そこへたまたまイカリスが助けに入りディヴィアンズは逃亡。知能を持たないディヴィアンズは去り際に「出現の時」と人間の言葉でしゃべり地球で異変が起きていると感じたセルシ達はバラバラになった仲間に会いにいきます。

 

 リーダーだったエイジャックの家に行くと彼女はディヴィアンズに殺害されており、自体がかなり深刻なことを察します。仲間だったキンゴ(映画俳優)、ファストス(家族と暮らしている)、ドルイグ(自身の村を作って生活)、ギルガメッシュ&セナ(セナの看病)のもとを訪れエイジャックが死んだことを伝え集結。

 エイジャックからリーダーの権限が移ったセルシはアリシェムから支持されて任務を遂行していきますが、その任務の真の目的は……。(°▽°)

 

 ってのがざっくりです。

 これ以上語るのもいいんですが「面白みが薄れるな」と思ったので短めに書きました。

各キャラクターについては作品見たらわかるのと細かい設定とかは特になかったので省いちゃいます。

 

最後に

 今回はエターナルズ初作ということもあって説明回に戦闘が入ったような作品でしたね!でも本編よりもおまけクレジットが激アツでした!!!言ってしまうので見たくない方はこの部分を飛ばすか、ウィンドウを閉じてくださいww

 

おまけクレジットについて

 まず最初に出てきたのがスターフォックスことエロスです。地球に残るエターナルズと宇宙に飛び立ったエターナルズがいるんですが地球組と連絡がつかなくなってしまいます。「なんかあったんじゃないか!?」と思った宇宙組の前に「地球組がどこにいったのか教えてあげるよ!」と登場したのがエロス。

 この時エロスは付き人のピップと話す中で「スターフォックスと言え」って言っていますがエロスはスターフォックスという名前でアベンジャーズに参加しています!!この設定はコミック内に出てきますが、この設定をそのまま次回作に入れてきているのではないかな?と思ってます!これがまず気になる( ゚д゚)

 

 次にエンドロール後にセルシの恋人のデインが出てきます。セルシに「家庭が複雑なんだ」とこぼしていた彼は自宅で木箱を開けて剣が登場。これ“エボニーブレイド”ですよね♪デインがブラックナイトとして登場するんでしょう!ということはコミック内の設定通りならアベンジャーズに加入するのでしょうか?!

 ナンジャコリャーーーーーーーーーーーー(゚∀゚)

 最後に詰め込みすぎだよぉ。ブラックナイトのことは前々からあったけど銭湯に入ってくると思っていたら次回に持ち越しなんだもん…。見たかったなぁ。スプライトは記憶を消していなかったですね(*^▽^*)

 

 ということでストーリーよりも次回が気になってしまう回になってしまいました。エターナルズって死なない(死ぬけどまた作られる)ので今作で死んでしまったメンバーもどうせ出てくるんでしょ!

 

 ってなわけでまた次回で ´ω`)ノ

 評価 ☆☆☆☆★4/5