ゴーヤのおすすめ映画ブログ

新作映画の情報中心に記事を出してます。文章は苦手なのでご容赦ください( ^ω^ )

映画『マトリックス レザレクションズ』あらすじ・感想・ちょっとネタバレ 真実のその先へ…。

f:id:go-yablog:20211218161854j:plain

 

 皆さんはバレットタイムって知っていますか?映画とかで使う撮影技術の1つですがこの技術で印象深いのが今作『マトリックス』シリーズ。

 バレットタイムというのは被写体の周りにたくさんのカメラを並べて連続撮影をする技法です。この技法を使って有名になったのが『マトリックス』の主人公・ネオです。まだ小学生だった私も教室で友達とやったのを覚えています。

 

 でもマトリックスって2003年に公開された3作目で一旦終わったはずなんですが、なんと予告が出ていたんです!!( ゚д゚)しかも昔のシーンをリンクさせていてキーワードは『デジャヴ』。

 おいおい。見てぇじゃねえか!前作から18年が経っているのに一部キャストもそのままで楽しみすぎる!来年やるスパイダーマンもそうですが何年経っていても当時の役を同じ俳優さんやる新作は予告の時点で胸熱ですよね!

 

 ではさっそく見ていきましょ〜〜〜〜٩( ᐛ )و

 

作品情報

 1999年に公開された『マトリックス』。主人公・トーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)が現実で起きている人類vsロボットの戦争を止めるために仮想世界「マトリックス」から目覚めるSFアクション。

 ネット社会が築かれ始め、日本ではNTTドコモがiモードサービスを開始した歳でもある。そんな中で機械が人間を支配する世界を舞台にした映画を公開し革新的なアクションで注目を集めた。

 

 前作ではネオの死でマトリックスの世界は収束したが、死んだと思われていたネオは生きており現実世界と仮想世界が新たに動き出す。

 過去作と同じように収束するループ線なのか。はたまた別の選択肢によって全く違う世界に生まれ変わってしまうのか?楽しみだーーーーー!!!

マトリックス (字幕版)

マトリックス (字幕版)

  • キアヌ・リーブス
Amazon

キャラクター<俳優名

トーマス・アンダーソン/ネオ<キアヌ・リーブス

f:id:go-yablog:20211219124359p:plain

 仮想世界[マトリックス]に囚われた人類を解放する救世主だったが…以前とは同じ人物ではないようだ。セラピーに通い“青いピル”を服用している。日常を送る中で“何か”に気づき始める。

トリニティー/ティファニー<キャリー=アン・モス

f:id:go-yablog:20211219124838p:plain

 かつてネオを覚醒に導き、共に人類を救うため戦った戦士。ネオと深く愛し合う恋人関係だったが、名前をティファニーと変えており、ネオとはまるで“初対面”のようで…?

モーフィアス<ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世

f:id:go-yablog:20211219125203p:plain

 ネオを導く賢人であり、自身の存在意識を見定め、大いなる使命を全うしようと奔走していたが…ネオと新たな関係を結ぶことになる。

スミス<ジョナサン・グロフ

f:id:go-yablog:20211219125535p:plain

 ネオの前に立ちはだかる宿敵エージェント・スミスも、以前とは異なるよう。どういうわけかトーマスのビジネスパートナーとなっている。

バッグス<ジェシカ・ヘンウィック

f:id:go-yablog:20211219125741p:plain

 救世主ネオを崇拝し、ネオを発見することにすべてを賭けている。“白ウサギ”のタトゥーを持つ。

アナリスト<ニール・パトリック・ハリス

f:id:go-yablog:20211219130003p:plain

 心理セラピスト。トーマスの夢に隠された意味を理解するため、親身になってカウンセリングをし、彼に“青いピル”を処方している。部屋では黒猫を飼っており…。

サティ<プリヤンカー・チョープラ・ジョナス

f:id:go-yablog:20211219130252p:plain

 豊富な知識を持ち、真実を見抜く能力がある。ネオを強力にサポートする。

レクシー<エレンディラ・イバラ

f:id:go-yablog:20211219130428p:plain

 バッグスの仲間であり、ともに救世主・ネオを探すミッションに参加する。

※引用元:公式HPより

あらすじ

 真実の先を知りたくないか

 

 もし世界がまだ仮想世界[マトリックス]に支配されていたとしたらーー?

 ネオ(キアヌ・リーブス)は、最近自分の生きている世界の違和感に気付き始めていた。やがて覚醒したネオは、[マトリックス]に囚われているトリニティーを救うため、何十億もの人類を救うため、[マトリックス]との新たな戦いに身を投じていく。

 

 仮想世界[マトリックス]とは?

 

 あなたが生きているこの[世界]は、本当に[現実]なのか?主人公ネオは、現実と思えるような夢を見ていた。

 ある日、ネオの前に現れた謎の男・モーフィアスから世界の真実を知らされる。実は何十億もの人類がAIによって栽培されていて、現実だと信じていた世界は、仮想世界[マトリックス]だったのだ。

 衝撃の真実を知ったネオは、人類を解放するためにAIとの壮絶な戦いに挑んでいく。


www.youtube.com

 

感想

前作の内容がデジャヴとして出てきて見せ方がかなり面白い作品でした!がストーリーは思っていたほど深刻な場面がなくネオとトリニティのセカンドライフについてで期待よりやや下りになってしまいました( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

さっくりしたあらすじ

 以前の「マトリックス」のようなスタート。トリニティが武装隊員に囲まれ両手を上げる。現場にエージェントも到着し彼女も元へ。トリニティのいる部屋を隙間からバッグスが覗いている。この現場は進化シミュレーションのモーダル内で起きていること。少し違和感があると思いながら見進める。

 しかし途中でエージェントに発見されてしまう。その場を逃げ時計屋に逃げ込んだが背後からエージェントに捕まり別室に連れ込まれる。その部屋は偶然にも「トーマス・アンダーソンの部屋」だった。

 

 部屋にバッグスを連れ込んだ黒人エージェントは自身のいる世界に違和感を感じており、本名を打ち明け“赤いピル”を飲み覚醒、現実の世界へと逃げる。彼の名は“モーフィアス”だったのだ。

 

 仮想世界でのトーマス/ネオは…。

会社のゲームデザイナーとして働いており開発をしていた。デスクにはフィギュアや自身が手がけたゲーム『マトリックス』のトロフィーが飾られている。

 トーマスは気晴らしに同僚とコーヒーを飲みに外出。そのカフェにはティファニーという名で生活するトリニティーと出会う。トーマスは過去に彼女と会ったことがあるような気がして惹かれる。トリニティーも「会ったことある?」と聞いてくる。

 

 仕事に戻ると社長から呼び出されるとゲーム「マトリックス」の新作を製作しろと提携会社の“ワーナー・ブラザーズ”が打診しているとのこと。もし断れば契約を打ち切ることを説明される。

 その説明中、トーマスは幻覚が見えアナリストの元へセラピーを受けに訪れる。セラピーで“青いピル”を処方してもらい帰宅する。毎日薬を服用しながら過ごしていたある日、会社にテロ予告が届き社内は騒然。慌てた社員たちは非難していたがトーマスの元へ1通のメールが。

 メールの中には部屋に来るよう指示する文章が。指定された部屋(トイレ)に入ると個室からモーフィアスが。実はモーフィアスの容姿はトーマスの作ったゲームキャラそのまんまで混乱する。そんなトーマスへ“赤いピル”を飲むよう促す。

 

 今起こっていることが全部妄想だと考え部屋を出るトーマス。ビルには武装隊員が突入して銃撃戦に。すると社長が現れ床に落ちている銃を手にする。手にした銃の銃口をトーマスに向け、『アンダーソン君!!!』と叫びながら発砲してきた。

 トーマスは這いずりながら逃げるが頭を撃たれてしまう。するとアナリストの声が…。どうやらトーマスの妄想だったようだ。

 

 妄想だと思ったがそうだと信じられない体験だったためビルの屋上から飛んで確かめようとする。ビルから片足を踏み出した時バッグスがトーマスの服を引っ張り引き戻した。

 彼女から「本当の世界を知りたくないか?」と言われ差し出された“赤いピル”を飲むことに決めた。彼女に案内された屋上の扉を抜けるとなぜか電車の車内に移った。今までのマトリックスでは「電話をかける」必要があったが現代ではその必要は無くなったとのこと。٩( ᐛ )وドコデモドアーーー

 ピルの作用で朦朧とする意識の中、鏡の中に侵入すると現実世界に意識が戻った。ゼリーの入ったポットの中で無数の配線に繋がれていたトーマスの目の前に浮遊するマシンが近づき彼を回収する。

 

 警備の目に引っかからないようにすり抜け現実のバッグスの船へ運ばれた。トーマス自身はまだ覚醒がちゃんとされていなかったのでシステム使いモーフィアスの元へ。かつての力を取り戻させるために荒療治ではあるがモーフィアスと戦うことに。

 一方的に殴られていたが力を取り戻し覚醒することに成功。無事現実世界に帰ってくることができた。

 

 意識が戻ったネオはバッグスから船員の紹介と人間と一部の機械が共存している現代について知る。かつて人間を襲ってきたセンチネルから身を隠すため新しく「アイオ」という場所が作られ、かつての仲間だったナイオビと再開する。

 アイオでは科学技術を使って植物の栽培などの実験を行っており、今までのひどい食事環境が改善されていた。

 

 生活環境が変わったことに驚いていたネオだが回収される時に自分の正面のポットにトリニティがいたことを思い出し助けたいから手を貸してほしいとナイオビに頼む。だがナイオビはやっと戦争が終わったのにまた火種になることを恐れ、ネオを収容する。

 ネオは生きていたトリニティを救うことができるのか?!

 

 というのが大まかなあらすじです(゚∀゚)

 

トリニティを救うって話は良かったけど…

 単刀直入にいうと全体的にはあまり歯応えはありませんでした。愛するトリニティを取り戻すために戦闘することになりますが1人を救うために動くせいかショボく感じちゃいました。前作では人類全部の命運がかかっていただけにネオだけでなくザイオンの戦闘も凄くて見応えがありましたが今回は隠密行動に寄りすぎていて激しさが無くなっていました。

 

 バレットタイムが出てきたのは嬉しかったんですが使いすぎてたのでこれも面白みが薄れちゃう一因になっていましたね。激しい殴り合いや銃撃の一部で使っていたからかっこよかったけどもはやタダのチートになってました( ;∀;)

 あとネオの念力が多すぎたし覚醒したけど全部の力を取り戻していなかったのでそれがもどかしくもありました。結局空飛べなかったんでね(ラスト以外)…。

 

 まぁ近接戦闘を避けた気持ちもわかるっちゃわかります。レボリューション終わってから18年経っていて当時と同じような戦闘を取ろうと思ったら役者の年齢的に厳しいのもあるから仕方ないのかな…って。

 出ている人は「マトリックス」なのに作品全体は「マトリックス」じゃなくなってしまいました。辛口なのかもしれないけれど私個人としては納得していません!( *`ω´)

 

最後に

 久しぶりにマトリックスが帰ってきたのは自分自身嬉しくはありました。バレットタイムも出てきた(あの避け方はなかったです)し。

 マトリックス自体がアップデートされていてもスミスはあの顔でやってほしかったかもなぁ。前に破壊されてメインにいなくても「モブの中にいた!」とかあったらちょっとはよかったのかもww

 

 ファンタスティック・ビーストみたいに過去が舞台とかならまだよかったかもしれないですね。そういう路線で作ったものも見てみたかったかもです。かなり前に一度終わっているから繋げるのは大変でしょうけどなんか手はあったんじゃないかな…。皆さんはどう思われますか?

 

 ってなわけでまた次回で ´ω`)ノ

 評価 ☆☆★★★2/5